ワードプレスでサイトをつくる時に必要なこと

どうやってサイトを作っていけば良いのか、つまづきそうな所を集めた覚書です。 とりあえず自分が振り返った時に、このサイトを見れば大丈夫という感じにしていきます。

広告なし、商用利用OKのおすすめ無料レンタルサーバーをご紹介!

   

アフィリエイトをする上で広告なしのレンタルサーバーはとても貴重です。

初心者は無料でやってみたいと思いますから、まずはオススメのレンタルサーバーで試してみてから有料のものに変更していってもいいかもです。

①ウェブクロウ
http://www.webcrow.jp/

登録は、
メールアドレス登録して認証IDを受け取り入力、
会員ID(ネットオウルID)、※表示名(ニックネーム)、※パスワード、※パスワード(確認用)、メールアドレス、※性別、※生年月日、※郵便番号、※職業を入力すればOK。(※印のある箇所は必須項目)
※メール配信希望はお好みでどうぞ。
上記よければ利用規約に同意して『確認画面』⇒『同意』へ。

メンバー管理ツール画面になったら、画面下の方にある『提供サービス一覧』から利用したいサービスを選択していきます。
※ワードプレスをインストールしてブログを作りたい場合は、一覧から[ウェブツール]⇒『WPblog』の『WordPress無料レンタルサービス』の『新規登録』へ。

②Xdomain
https://www.xdomain.ne.jp/

登録は、トップページから『無料レンタルサーバー』タブを選択し、その画面下の方の『サーバーご利用お申込み』バナーを選択、メールアドレスの登録をすればOK。
①のウェブクロウよりは入力項目はあります(メールアドレス*、パスワード*、契約者種別*、企業・団体名、企業・団体名(カナ)、企業・団体名(ローマ字)、名前*、名前(カナ)*、名前(ローマ字)*、性別*、生年月日、郵便番号*、都道府県*、市町村*、住所1*、住所2、電話番号*、FAX番号。*印のある箇所は必須項目。)が、特に問題ないかと思います。
住所や電話番号を入力するのがイヤな人は、①ウェブクロウをおすすめします。

あとは、『WHOIS代理公開サービス』、『インフォメーションメールの配信』、『利用規約』を確認して登録完了です。

管理パネル画面に遷移したら、左カラムの『無料レンタルサーバー』から登録IDを決めていきます。
※ワードプレスをインストールしてブログを作りたい場合は、一覧からWordPressの利用を開始するを選択してください。

個人のレンタルサーバーはちょっと不安という方は、上記レンタルサーバーを利用してみてはいかがでしょうか?

 - 無料レンタルサーバー

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  関連記事

関連記事はありませんでした